Shizuka Hariu / SHSH Architecture+Scenography

between the Imaginary and the Concrete

Copyright ©Shizuka HARIU 2021

Shizuka is an interdisciplinary designer between Scenography and architecture. Her scenography describes the relationship between concrete and imaginary space, based on her acute understanding of architectural environments. Shizuka received one of the best new British Theatre design in The Guardian between 2019, Bronze medal for World Stage Design 2017, Sagawa Yoshio Opera Award (2020), D&AD Design Award, German Design Award, Tokyo Design Award, Pola Art Foundation Award and others. She is one of the theatre designers represented in the UK team for PQ2015 and national exhibition at V&A. She is nominated four times Kisaku Ito Theatre Design Award in Japan. Stage Productions include: Written on Skin (Suntory Hall, Maestro Kazushi Ono), Dystopian Dream (Nitin Sawhney, Wang&Ramirez), Medea (Bristol Old Vic), No Body (Sadler’s Wells), Sacred Monsers (Akram Khan & Sylvie Guillem), Solid Traces (Charleroi Dances), Pernombre (Les Ballet C de la B), Cloud/Crowd (Japon Dance Project), A Time There Was (Jubilee Opera), Kunstenfestivaldesarts and many productions throughout Europe. These productions have toured in venues, including Sadler’s Wells, Royal Opera La Monnaie, Théâtre des Champs-Élysées, Centre Pompidou, Sydney Opera House, New National Theatre Tokyo, and others. Shizuka is a co-director at SHSHArchitecture+Scenography with Shin Bogdan Hagiwara. Together with SHSH, she designed for the exhibitions for Sensing Spaces (Royal Academy of Arts), Fear&Love as a finalist (The Design Museum), Timeless Beauty (Gallos Roman Museum) and the finalist for European Commission Information Centre. Dr. Shizuka Hariu obtained a Master degree of Engineering in Architecture at Tokyo University of Science in 2000. She started a doctoral research at Central Saint Martins College of Art and Design and she obtained her PhD by Published works ‘Between the Imaginary and the Concrete - Scenography for Contemporary Dance’ at Leeds Beckett University in 2014. >>>>>> 英国舞台建築博士。東京理科大学大学院建築学修士課程修了。文化庁新進芸術家海外派遣制度・ポーラ美術財団の助成により、モネ歌劇場やローザスで舞台美術助手を務め、同時にロンドン芸術大学セントラルセントマーチン博士課程前期、リーズ・ベケット大学院にて博士号取得。欧州・日本を中心にダンス・バレエ・オペラなどの舞台美術、アートディレクション、空間デザインを手がける。主な作品にアクラム・カーン&シルヴィ・ギエム『聖なる怪物たち』、英国王立芸術院ロイヤルアカデミーの展示設計『Sensing Spaces』、マンチェスター・インターナショナル・フェスティバルのオノ・ヨーコ『BELLS FOR PEACE』のタワーデザイン等。サントリーホールサマーフェスティバルにて現代オペラ『Written on Skin』の映像および舞台総合美術。Ballet Am Rhein 『New World 』『Dark with Excessive Brights』他多数。 主な劇場として英国サドラーズウェールズ劇場(ロンドン)、ブリストル・オールド劇場(ブリストル)、シャンゼリゼ劇場(パリ)、レインオペラ劇場(デュッセルドルフ)、テアトロラビル(パリ)、マンチェスターインターナショナルフェスティバル、シドニーオペラハウス、シャルロワダンス劇場(シャルロワ)、テアトロ・ラ・ビル(ルクセンブルグ)、レタノウ劇場(ブリュッセル)、ポンピドゥーセンター劇場(パリ)、ジュビリー劇場(サフォーク)、ナショナルギャラリー(プラハ)、東京文化会館、新国立劇場他多数に作品を提供。 主な受賞歴として、2020年『Written on Skin』にて三菱UFJ信託芸術文化振興財団による第18回佐川吉男音楽賞、2017年『Solid Traces』で日本人舞台美術家として初のワールドステージデザイン銅賞受賞。19-20年には『Dystopian Dream』が15~19年の英国最優秀デザイン12選に選出され、プラハ・カドリエンナーレPQ2019に出展後、ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で展示。新国立劇場ではJapon Dance Project『CLOUD/CROWD』(14年)、『MOVE/STILL』(16年)の美術・衣裳を担当。『CLOUD/CROWD』は12~15年の英国舞台美術最優秀展に選出され、PQ2015で英国チーム特別賞受賞後、V&Aに展示された。 またSHSH Architecture + Scenographyを建築家萩原ボクダン新と共同代表。建築コンセプトデザイン、博物館の展示設計などを担当してデザイン賞を多数受賞。震災復興支援活動として『Invisible Needs of Life』プロジェクトをフランダース建築家協会、復興シンポジウムをボザール建築家協会、英国王立建築家協会、在白日本大使館にて提案している。 現在2021年は新国立オペラ劇場にて新作『スーパーエンジェル 』にてクリエィティブダイレクターとして活動中、またモナコ王立バレエの新作に作品を提供する予定。 www.shsh.be info@shsh.be +32 474 325 168
my cloud by Shizuka Hariu